銀色のひかり

足もとの草むらでは
コオロギが鈴を転がす
傾いた陽が
すすきの穂を照らす

蝶々は飛んでゆく
花から花へと 飛んでゆく
この広い世界があなたの棲みか

冬になったら卵を残して
春を待ちましょう

冬になったらコートを着こんで
また あなたを待ちましょう

春がくるまで

よかったら、、、

The following two tabs change content below.
むんや

むんや

「なんとでもなるさ」を合言葉に。 挑戦は続く。詳しいプロフィールはこちらから
むんや

最新記事 by むんや (全て見る)