りんごの気持ちはりんごしか知らないかも。

りんごをジャムにした

りんごは生で食べるのが一番。
でもでも、煮たリンゴも美味しい。
少しのきび砂糖とほんの少しの塩をぱらり。
それで煮て美味しいリンゴペーストの出来上がり。

自分の身体に入れるもの、大切な人に食べ続けて欲しいものは、スローフードと呼ばれる
昔ながらの、手間ひまかけたもの。
シンプルで無理なく、食べ続けられるもの。

私はこだわりたい反面、コンビニ商品を買って楽をする。
自分を犠牲にして、手作りした料理は喜ばれたが、自分自身を蝕んだ。

楽しんで料理してゆきたい。

美味しくて、体にいいもの。
そんなものを作ってくれたら、私買うわと昔から言われてきたっけ。

添加物や精製し過ぎた白砂糖を使わないお菓子。
国産小麦とメープルシロップで作るパン。

好きで何となくやってることが、誰かを幸せにできるなら、やる意味があると思えた。

リンゴペーストはパンにのせても、ヨーグルトでも、炭酸やカルピスサワーで割っても、焼いた豚肉にかけても、美味しい。

ただ、添加物ゼロでお砂糖も控えているから日持ちしない。

日配を扱うコンビニにピッタリ。

そう、思うのは私だけかも知れないが。

パンもお菓子も日持ちはしない。
料理ももちろん。

それがいいと思っている。

そして、孤食せずにみんなでワイワイ食べられる社会の仕組み作り。
小さなことをコツコツやっていこうと、思う。

よかったら、、、

The following two tabs change content below.
むんや

むんや

「なんとでもなるさ」を合言葉に。 挑戦は続く。詳しいプロフィールはこちらから
むんや

最新記事 by むんや (全て見る)