燃えつきて灰

何のために生まれてきたのって
悲しいよって
叫んでる

大好きなあなたに振り向いてほしくって
認めてほしくって
見てほしくって
火をつけた花火は
火花を散らして燃え尽きた

綺麗なきれいな花火だった
見事なみごとな花火だった
なのに
あのひとは綺麗だねって
見もしなかった
あのひとは目を輝かせて
喜ぶこともしなかった

あのひとに そんなことをされんとね
アタシはぐちゃぐちゃになんの

アタシとあなたは幸せになるために
生まれてきたんだもん
アタシとあなたは幸せになるために
生きていくんだもん

あのひとに届かないってこと
とっても悲しいね

あのひとから大切にされなかったこと
とってもつらいね

そんな思いをしながら
生きているあなたを
応援したいアタシがいる

ちっさなアタシは
あのひとの代わりに
喜んでみんだけど

ちっさなアタシは
あのひとの代わりに
泣いてみんだけど

ちっさなアタシは
代わりにしかなんないかも
知んないんだけど

そんでも生きんだよ
そんだけの価値ある二人

他人と並べてみたって
あなたとアタシの価値は変わらない

いつも いつも
生きている価値がある

生まれて来てくれた
その瞬間から
あなたはだれかの宝もんで
いつかあなたは
だれかの心をつかむんだ

あなたも あなたも
あなたも あなたも

そうしたアタシの入れもんも

はい 喜んでと答えたときから
しあわせだったと灰になるまで

よかったら、、、

The following two tabs change content below.
むんや

むんや

「なんとでもなるさ」を合言葉に。 挑戦は続く。詳しいプロフィールはこちらから
むんや

最新記事 by むんや (全て見る)