じゃり道の上

椿の花が
ぽたりと
何かを守って落ちた
スプーンにとった砂糖が
温かい紅茶に落ちて
消えていく
甘いものが
私の視界から消えてなくなった
かじかんだ手をカップの底に当てて
小さくなる痛みをゆっくりと感じて

よかったら、、、

The following two tabs change content below.
むんや

むんや

「なんとでもなるさ」を合言葉に。 挑戦は続く。詳しいプロフィールはこちらから
むんや

最新記事 by むんや (全て見る)