仕事が無い理由

自分に「書くのが好きなのか?」と問うてみる。
自分の素直な感覚が何かを訴えている。

想像するのも、なにかを思いつくのも好きだけど、もっと好きで得意なことがあるじゃん。
「何時間でもしゃべっていられる」
これは、誰にでもできることではないのかも知れない。

しかも、アイディアもボンボン出てくる。
常識と捉えていることをひっくり返して、こうしたらこうなると根拠まで説明できる。
本でなんとかの法則とか書いてあることが、すでに自分の経験から得ていることがあったりしている。
書いても、話す仕事をしても良いのかも知れない。
なのにそういう仕事をしていない。
他の方々はそれで収入を得ているというのに。

「自分の販売方法」
これを知らないでいることが、致命傷なのだと思う。

なんとかしよう。

よかったら、、、

The following two tabs change content below.
むんや

むんや

「なんとでもなるさ」を合言葉に。 挑戦は続く。詳しいプロフィールはこちらから
むんや

最新記事 by むんや (全て見る)