みっつの「つ」

ひとりぼっち。孤独を感じる時間に、話したい人を繋ぐアプリがあったら面白い。

家族というものを考える時、年齢は関係ない。
資質も関係ない。
どんな相手と話す事になるのか、双方にわからない仕組みを作ったらいいと思う。
お互いに匿名で。

もちろん名前や連絡先などを入力したら、相手方の画面に表示させない堅いハードルを設けるとか、
工夫が必要だけれど。

ついでに国を飛び出したらいい。
国境を越えているかどうかさえわからない。間に通訳をいれてしまう。

なに人だとか人種を越えて話した時、なにかが変わる気がする。
それは、物事の捉え方の多様性。
日本人特有の「みんなおんなじ」という考え方をぶち壊して、ミックスジュースを作ったらどうかと思う。

もう、どこからが普通だとか線を引けないくらいに、かき混ぜちゃったらいいんだ。
行きたい国で、やりたい仕事に就く。
それが当たり前になってくると、日本の「移民は受け入れない」という姿勢が柔らかくなるのではないかと密かに期待する。

外国人は悪いことをすると危惧する意見もあるが、
日本人の「100%が犯罪を犯さない善人だけだ」とは言えない。

差別が生まれる時、人の中に「おそれ」の感情がある。

怖いから、先に自衛手段を打とうとするが、知らない部分の事を知れば、恐れなくて良くなる。
そう考える事ができれば、争いごとは減る。

「無くす」というと、難しい。
けれど、「減らす」ことはできる。

1人の人間の愚痴が1個減るだけで、世の中が明るくなる。
それを国境を越えて、やっていけばいいと思う。

地味な活動にしか見えないと思う。
けれど、それを実行し続けられれば、ほんの少しの希望になる。

自分ひとりでも、心がけて行かれればいい。
世の中が少しでも「面白いところになれば」いいと思う。

つらい。
つまらない。
つかれる。
の「3つ」=「3tu」

が、減れば生きやすくなる。

よかったら、、、

The following two tabs change content below.
むんや

むんや

「なんとでもなるさ」を合言葉に。 挑戦は続く。詳しいプロフィールはこちらから
むんや

最新記事 by むんや (全て見る)