なにを見ながら、書いてるのかな

炭焼き職人さんが、台所でマシュマロの一部を炭にした。部屋の中が焦げくさい。

パソコンが壊れている。
パソコンを炭焼き職人さんが、火で炙ったからではない。
いつまでも直らないのは、私のおまじないが足りないのかも知れない。
後で、ナデナデしてみよう。
それでもダメなら、お清めの塩をお供えしてみようと、思う。

スマホから文章を書いていると、手が疲れて、肩がこる。
お正月だし、ゆっくり打とう。
(毎日、ゆっくりで構わないかも知れない。誰も急かしていないのだから)

そして、自分に課していたプレッシャーをかけないことにした。
「必死にいくつも記事を書くこと」
それを何とかこなそうとしていたが、無用な緊張を作り出していた。
それよりも、質を大切にしようと思う。

質より量?
たくさん書いたら上手になる。

量より質?
文章の質をおろそかにはできない。

文章磨きには、質と量のどちらも必要だと思う。

「良い歯みがきってなんだろう。」
と、考えてみる。

何回もみがく?
できたらいいね。

それとも、丁寧にみがく?
丁寧にしたいね。

1日に何回か丁寧に磨きたい。
歯みがきと文章磨きは、そっくりだと思う。
みがくモノだからかなぁ?

そういえば、人間もみがけるし、
ニシンもみがける?

よかったら、、、

The following two tabs change content below.
むんや

むんや

「なんとでもなるさ」を合言葉に。 挑戦は続く。詳しいプロフィールはこちらから
むんや

最新記事 by むんや (全て見る)