ほっと一服

おととい、凍った路面で滑りました。打ち付けたところだけでなく、数ヶ所に痛みがあり、こわばって、ストレッチをしても、ものの数分で元に戻ってしまいます。

歩幅が異常に狭く、足も上がりません。
こりゃ、筋肉がどうかしている。
カイロへ、予約の電話をかけてみたのですが、明日になるとのことでした。
「あ、お仲間さんがいるのかも知れない。」
そう思いました。
明日までの間に
「クーリング」というものをネットで調べて、やってみてくださいと、教えていただきました。

打ち付けて痛むところを保冷剤や氷などで、2分間冷やして、外します。これを何度も繰り返すのです。

冷やすと痛みが麻痺して、消えます。
そうすることで、ホッとして筋肉が緩むのです。
それを繰り返すことで、筋肉に元の柔らかな状態を思い出してもらいます。

このことを「クーリング」と言うのだそうです。
クーリングをしてみたら、打ち付けた場所だけでなく、頭から爪先までの、全身の筋肉がこわばっていたのがよく分かりました。

からだの仕組みって、面白い。

出かける必要があって、外出しましたが、雪の上を渡ってきた冷たい風が、ろくろく歩けない体に向かってひゅうひゅう吹き付けて来ました。
お年を召された方の苦労が、初めて身にしみました。

普段意識できない、貴重な体験をさせていただいております。

帰宅後は子供のリクエストで「チャイ」を作ることにしました。
「チャイ」はインドやネパールのスパイス入りのミルクティーです。本物は水牛のミルクを使うのです。
でも、家にあるのはパックの牛乳。
しかも、普段づかいのお砂糖を切らしていて、黒糖しかありません。

鍋に牛乳と紅茶の茶葉(CTC製法のアッサムティー)を入れて、煮出して黒糖を溶かして火からおろします。
カップにはティーマサラ(チャイに入れるミックススパイス)とすりおろした生姜を入れておき、熱いチャイを注ぎます。

簡単に作るんなら、カップにティーバッグの紅茶を入れて、黒糖と、すりおろした生姜、ミルクを入れれば、完成です。

お湯に溶かすだけの「インスタントチャイ」を使えば、あっという間に出来ます。

ああ、ほっとするぅ。
ちょっとの不調なんて、吹っ飛びそう。

皆さま、くれぐれも、寒さにお気をつけくださいませ。

怪我や病気は、命に関わることです。
学校や会社に行かないことが、自分の命を守ることになることって、本当にあるのです。

「休みの連絡を入れる勇気」

これって、美味しいチャイを淹れるより、大変なことだと思うのです。

よかったら、、、

The following two tabs change content below.
むんや

むんや

「なんとでもなるさ」を合言葉に。 挑戦は続く。詳しいプロフィールはこちらから
むんや

最新記事 by むんや (全て見る)