粉々になったら炉に入れて

ぷっくりかわいい
ガラス細工の赤目のうさぎが
床に落ちて砕けた
誰かが片付けようと手を伸ばしたが
破片を掴んで顔をしかめて手を離した
指先からは血がしたたっている
その血はいつまでも止まらない

この鋭い痛みが
ガラス細工の赤目の奥に座り込んでおり
待ちぼうけを食らった痛みなのだと
のちに知ることとなる

よかったら、、、

The following two tabs change content below.
むんや

むんや

「なんとでもなるさ」を合言葉に。 挑戦は続く。詳しいプロフィールはこちらから
むんや

最新記事 by むんや (全て見る)