ほんとうの姿

縁で紡がれたカーテンを開けると
目の前には 見慣れた顔ぶれが ならぶ

頑張りすぎのガン患者は
今日もギロチンにかけられるほどの
恐怖を抱えて検査室へと向かう

三日月が二つに見えた夜
震える背中と漏れる嗚咽は
蚊取り線香のけむりと一緒にくゆり
どこかへとひかれて流れてゆく

抗ガン剤を使えば
たちまち全身を攻撃しだして
血へどを吐かせる 頑丈なスズメバチの病巣

全てを乗り越えて 迎える花見

桜の木の下 くり広げられる穏やかな宴
花びらは風で流れて ちらちら ちらちら着地する
静かに眺める この世の無常
この肌の下では とくん とくん と血流の
命のうたが 流れている

よかったら、、、

The following two tabs change content below.
むんや

むんや

「なんとでもなるさ」を合言葉に。 挑戦は続く。詳しいプロフィールはこちらから
むんや

最新記事 by むんや (全て見る)