貴重なかみの原料 みつまた

今朝方カラスが飛んできて
カーカー鳴いて 眠ろうとする私を起こした
随分とおしゃべりなカラスは
ガラス窓の向こうでカーカー言っていた
私は布団を頭まで引き上げて縮こまる
「なんで起こすのよう」と催す

トイレに引きこもりながら唸りを上げた
出産に際して立ち会う人もなく
水と流れていった 子供たち
名前からして 女の子らしかった

大きな最後の鳥は電線の上から
お土産をぽっとーん と 落としてくれる
名前からして 季節のものは
そっぽを向いているらしい

なんでも 都会ではお水まで売られている
カラスにケンカなんて 売ってはいない
田舎へ行けば 無料で流れてゆくものを
わざわざ 都会へ引っ張り出して売るとは

商魂たくましいというか
羨ましいくらいの策士家だ

売られた水を飲み干して
たくさんたくさん 涙がこぼれた

「やられた」とか
「して」とか
なんだか いい大人が泡を食ったりしている
カラスよ 「豆鉄砲をくらえ」
今日は節分じゃなくて
桃の節句 ひな祭り

よかったら、、、

The following two tabs change content below.
むんや

むんや

「なんとでもなるさ」を合言葉に。 挑戦は続く。詳しいプロフィールはこちらから
むんや

最新記事 by むんや (全て見る)