ムキよさらば

お散歩に行ってきた。
捨てられているゴミを見て、暗号読解をしてみている。
「ピンクのライター」が落ちていたのだ。
3月3日のひな祭りの日に、
サルになれない私は、ムキになって、バナナの皮をむいていていた。そして、抜け殻の燃えかすと化した。
そこで、このままじゃ、つらいと、
抜け殻は気分転換に出かけたのだった。

ショッピングモールをぶらついていると私の子供が、
「ねぇ、お母さん。どうしてショッピングモールって「横に移動するエレベーター」がないんだろう?」と、
言ったのだった。

「ショッピングモールって、歩き回るうちに商品が目に入るでしょう。匂いがするでしょう。それが買うキッカケになっているのよ
」と、説明した。
しかし、

「ねぇ、お母さん。エレベーターが横に移動したら便利だと思わない?ウチさっき走り回る子供とぶつかりそうになったよ。危ないよね。」と、言ったのだ。

この発想は斬新だ。
横に移動するエレベーター。「お母さんのベビーカーと走り回る子供を連れての移動」を考えた時には、とても良い移動手段になり得る。

このお客様の目線に立って、サービスを提供すること。
お客さんの「困っている」に耳を傾けること。
ここに、全ての売り上げアップの鍵がある。

男性がウンタラカンタラ会議をするよりも、女性が作ったほうが、遥かにきめ細かいものができる可能性が高い。
なぜなら、ショッピングモールのターゲットは女性だからだ。
そして、建設的に段取り良く実現させることには、男性が長けている。
戦略性は男女を問わない。

女性トイレの数が充分だと、思っているのだろうか?
ハッキリ言って足りてない。だから、男性を待たせることになっていて、女性は申し訳なく感じているのだ。
そして、ベンチがたくさん置いてある。こうなるともう、男性が楽しくないのは明白である。

もっと、もっと柔らかく。
自然の光や、風、ビオトープを取り入れた空間。
その居心地の良さを取り入れた、商業施設やオフィスを作れないかと思う。

リラックスした空間では、作業効率が格段にあがることがわかっているから。

雨の日には雨の中を
風の日には風の中を

でも
パソコンが水浸しになって壊れたり、大事な書類が風に飛ばされて何処かへ飛んで行くのは、困るが。

よかったら、、、

The following two tabs change content below.
むんや

むんや

「なんとでもなるさ」を合言葉に。 挑戦は続く。詳しいプロフィールはこちらから
むんや

最新記事 by むんや (全て見る)