オーダーメイドのオヤツ

映画を観に行った。「北の桜守」
とっても豪華なメンバー(特殊な大物たちを多数含む)で構成された、素晴らしい作品だった。泣く場所がどこなのかなんて、わからないほど、鼻水と涙が流れていた。息の詰まるシーンの連続で、ハンカチを取り出すのもはばかられた。

話は、映画を観る前に遡る。
上映時間まで、変に時間があったので、コーヒーショップへ向かう。
そこで、私は「トッピング」の突飛な組み合わせを思いついた。
ショーケースの中のドーナツや、デニッシュ類に、生クリームやら、アイスクリームをつけられる。
さらに、コーヒーには、エスプレッソを入れたり、豆乳を投入できるのだった。
私はアイスコーヒーにエスプレッソを入れてもらい、新作のドーナツを温めてもらったものに、ナッツのアイスをトッピング。
仕上げには、コーヒーショップ御自慢のハチミツをタップリとかけた。

カロリーの高いオヤツ。
しかし、そんな事どうでも良い。
こんなに美味しいものが、あったのか!!

しかも、なんで表メニューとして、バーンと出さないんだ。

私がこのお店の社長なら、会長はじめ幹部をそそのかして、ゴールデンウィークまでに、売り上げを伸ばしてみせるのに。

アイディアは山ほどあるし、負ける気がしない。
さあ!かかってこい!!

ハチミツをたっぷりかけてやる。

よかったら、、、

The following two tabs change content below.
むんや

むんや

「なんとでもなるさ」を合言葉に。 挑戦は続く。詳しいプロフィールはこちらから
むんや

最新記事 by むんや (全て見る)