なんにも無かったような顔されるよりネ

炊飯器で炊くよりも、短い時間で炊けるので、お鍋でご飯を炊くことにハマっている。

ご飯が美味しいと、それだけで満たされてしまう。
明太子の玉子焼きに、鶏肉のトマト煮込み。
生まれ変わった私は、玉子焼きからお砂糖を半分抜いた。
本来なら、籍を抜いたときにお砂糖も抜くほうが、自然なことだったのかも知れない。

食べた後が違う。
もたれて気持ち悪くなったりもしない。
どれだけの無理を自分に強いてきたのだろう。

そんな調子で一事が万事。
がまん、がまん、我慢の連続。
私の半生の反省。
ならぬ堪忍するが堪忍。
そんな言葉が頭にあったものだから、堪忍袋の緒が切れた。

生きるって、なに?
愛って、なに?

ただ 黙っていること。

なでなで、よしよしばかりが愛とは限らない。

黙っていること。
空気と化して、黙っていること。
そんなにたくさんの人が、できやしないこと。
そこに愛はある。

よかったら、、、

The following two tabs change content below.
むんや

むんや

「なんとでもなるさ」を合言葉に。 挑戦は続く。詳しいプロフィールはこちらから
むんや

最新記事 by むんや (全て見る)