会社経営者に落とし穴を掘ろう

丸くはじけた花火

何を隠そうイタズラ、悪ふざけが大好き。
何をしている時が楽しいかと考えれば、浮かぶのはフザケたことばかり。
子供の頃は落とし穴を掘ったり、落ち込んでいる子を見つけては様子をうかがった上で、脇の下をくすぐって無理矢理笑わせていた。

「キャーやめてぇ、あははははは。」と笑うまでくすぐった。もう相手は充分笑顔。笑いすぎて涙まで出てる。
その上で「どうしたのかと思って」と言えば相手は理由を話し出す。

イタズラが好き。人の笑顔を見るのが好き。
ただただ、それしか考えていない大人。
こんなのがいないと世の中は窒息してしまうと思う。

「ブレイク・スルー」という言葉を聞けば「ドライブスルー」みたいと即座に思う。
意味が違うが、敢えてパロディするのも大好きだ。
だから、人の書いた文章にイタズラして違うストーリーにしてしまうのが常だ。
歌は替え歌してみるし、テレビを観れば深刻なセリフを一言変えて、笑いに変えている。そして、身の安全が確保された状況では相当なブラックユーモアも吐く。
想像もつかないアイディアが出る。

さっきのドライブスルーまで話を戻す。
行き詰った人が来たら、話を一通り聴く。困りごとに対しておふざけとも本気とも取れるアイディアを渡して、笑顔になって相手が通り過ぎてゆく。
問題は何をどうすれば、その仕組みを実現できるかだ。こういう時こそ、相談しよう。
私にはたくさんの課題があり、ひとつづつ解決が必要だ。
たくさんの、その道を通過してきた先輩たちがいるのだから。

それが私の生きる道にある。道の真ん中に笑いの落とし穴を掘ろう。
フザケて一生を終えてゆくのがいい。
笑いジワをくっきり残して死んでみたいもの。
きっと

なんとでもなるさ

よかったら、、、

The following two tabs change content below.
むんや

むんや

「なんとでもなるさ」を合言葉に。 挑戦は続く。詳しいプロフィールはこちらから
むんや

最新記事 by むんや (全て見る)