イタズラやパロディの著作権が難しい

かき氷の女の子

普段雑談などをする際に私達は茶化すことができる。
笑えるおふざけも怒られない。
けれども、ネット上など公共の場として、捉えられる場所ではアウトだ。

フザケたことを書いて良い場がある。「アメーバブログ」だ。
どういう事かというと、アメーバという名前の1人の人間として、様々な著作権の申請を肩代わりしてくれている。
(が、利用規約にある通りの制限が存在する。)
お仕事に上手に活用できる側面もある。
何しろ無料なので。
けれども、1人の人間としてのアメーバさんとして扱われるため、お仕事を多角的にやりたい方には向かないらしい。

ふざけたいなー。
ふざけたことを書きたいな。

昔の人の言葉なら著作権は関係ないよね。例えば平原綾香さんの歌にもクラシックの曲に詩をつけたものがある。

ローマは一日にしてならず。
ならず者はここにアリ。
学問に王道はナシ。
さくらんぼ狩りするなら山梨。
こうめさんのさくらんぼ狩り。記事を見ていたら行きたくなってしまった。

行ったらグダグダに疲れてしまうだろうな。
体力をつけるための努力は日々コツコツしている。

きっと

なんとでもなるさ

よかったら、、、

The following two tabs change content below.
むんや

むんや

「なんとでもなるさ」を合言葉に。 挑戦は続く。詳しいプロフィールはこちらから
むんや

最新記事 by むんや (全て見る)