岡崎体育さんの歌を聴いたら気づいたことを書いてみました~聞き違えから気付かされたこと

浴衣ふりかえる

岡崎体育さんというシンガーソングライターがいる。日本語を英語に聴こえるように歌う人だ。
面白いと思った。と、同時に気づいたことがある。

岡崎さんは、言葉と言葉を英語のネイティブのように、くっつけて発音しながら歌っているという。
繰り返されるワンフレーズを聴いていて、驚いてしまった。
「ブス 否 美人」
ローマ字にしてくっつけてみた。
「busuinabijinn」
あれ?聴いてるうちに頭の中でべつの言葉が出来上がった。

「無粋な美人」

「無粋」を辞書で引いてみたら「粋でないこと」と書いてあった。

イキではない美人て、磨けばきれいな人ってことか?
「馬子にも衣装」って意味か?

誰に捧げた詩なのだろうか。
性別に関係なく、年齢に関係なく、だれもがそれなりのスタイルを貫くのは輝くことだと気づいた。

聞き間違いから思わぬ収穫があった。
岡崎体育さんどうもありがとう。

きっと誰でも

なんとでもなるさ

よかったら、、、

The following two tabs change content below.
むんや

むんや

「なんとでもなるさ」を合言葉に。 挑戦は続く。詳しいプロフィールはこちらから
むんや

最新記事 by むんや (全て見る)