いらないもの必要なもの

道を歩くと
道なき森が待っていた

木々の間を進んでゆくと
大きな湖があった

逆さに映った
巨大な景色の中
やっと空にあえた

ああそうか
こんなに歩かなくとも
雨上がりの水たまりに
きみはいたんだね

大人になると
何もかもが複雑になり
湖に入ることをためらう

こどものころは
水たまりでいっしょに遊んで
泥だらけになったというのに

複雑な大人よりも
純真なこどもにかえろう

もう眠くなってきたよ
おうちへかえろう

つなぐための手をさしだしてみる

空は空色 晴れやかで穏やかな夜
水は水色 透明に見えて全てを映し出す

体からこぼれたものは
きらりと光って
まわりの景色をとじこめた

よかったら、、、

The following two tabs change content below.
むんや

むんや

「なんとでもなるさ」を合言葉に。 挑戦は続く。詳しいプロフィールはこちらから
むんや

最新記事 by むんや (全て見る)